小学生プログラミング教育(無料開催)について

 

当社では、小学校プログラミング必修化に伴う児童及び先生方への研修会を実施計画しております。文部科学省の小学校段階におけるプログラミング教育の在り方については、コーディング(プログラミング言語を用いた記述方法)を覚えることがプログラミング教育の目的ではなく、コンピュータに意図した処理を行うよう指示することができるということを体験させながら、発達の段階に即し次の内容が確認できます。
【知識・技能】では、身近な生活でコンピュータが活用されていることや、問題の解決には必要な手順があることに気付くこと。
【思考力・判断力・表現力等】では、発達の段階に即して、「プログラミング的思考」(自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合せが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力)を育成すること。
【学びに向かう力・人間性等】では、発達の段階に即して、コンピュータの働きを、よりよい人生や社会づくりに生かそうとする態度を涵養(かんよう = 無理をしないでゆっくりと養い育てる等の意味)すること。
(文部科学省ホームペーシ゛参照) となっており、レゴブロックとICTを活用したWeDo2.0(ウィドゥ)等を利用し、全体研修及びグループ研修を実施して行くカリキュラムとして参ります。
 まずは、鹿沼市在住の児童4名1グループで5グループとなる20名を募集定員とし、午前中20名は小学3年生・午後の20名は小学4年生の募集とする予定です。尚、今後5・6年生及び教職員向けの研修や市外の児童教職員についても募集実施を予定しており、当サイトで実施日等をご案内して参ります。

開催予定及び参加条件等

実施内容予定
日程  平成30年3月24日(土曜日) 平成29年12月現在の開催予定です。
時間  午前9時30分から11時30分 小学3年生対象(新4年生)
     午後1時30分から3時30分  小学4年生対象(新5年生)
場所  当センターBルーム(鹿沼市御成橋町2-2153-8)
※参加要件 送り迎えが出来る児童とさせて頂きます。尚、その他の詳細は後日お知らせいたします。
担当  澁江・宇賀神・瓦井・江連(マイクロソフト認定トレーナー・認定技術者)
受付担当 澤田・枝野
申し込み方法  申込開始日より電話にて受付致します。尚、定員にて締め切りと致しますが、状況により別途後日複数回の開催と致します。
※グループ学習にて楽しく学べる児童を募集計画致します。

    申込開始日  平成30年1月  日 午前9時より受付致します。
               電話番号 0289−62−8585(代)です。

メインメニュー

Microsoftは、米国および/またはその他の国におけるMicrosoft Corporationの登録商標です。

Copyright (C) SHIBUE Inc. All Rights Reserved.